女の人

必要な専門知識を身につける|初心者から始めるプログラミング

プログラマーになる

IT

プログラミングの特徴は、コンピューターを、指示通りに動かすためのもので、プログラマーによって、特殊な言語を使って書かれています。プログラマーになるためには、通信教育でも、プログラミングを勉強することができ、自分のペースで学べるメリットがあります。

詳細を確認する

今後必要になる知識を学ぶ

パソコン

プログラミングとは簡単にいうと、コンピューターにさせたいことを指示する行為をいいます。独学でも学ぶことは出来ますが、非常に専門性が高いので学校を活用することが効果的です。学校を選ぶ際には、プログラミングを学ぶ目的や自分の将来などをしっかりと考えた上で、最適な所を選ぶようにしましょう。

詳細を確認する

C言語の勉強を始める前に

男の人

C言語だけではありません

プログラミングと聞くと、まず初めに考え付くのは、小難しいプログラミング言語、いわゆるC言語とよばれるものではないでしょうか。たしかに、C言語はプログラミング初心者にとっては小難しいものに見えます。しかしながら、プログラミング言語を覚えることは、それほど難しいことではありません。書店で購入できる参考書を読んで、書き写すだけの作業ですから、気力さえあればC言語を覚えることは初心者でも容易に出来るのです。では、なぜプログラミング初心者は勉強するうえで、行き詰まる人が多いのでしょうか。それは、言語を覚えるだけではプログラミングを習得したとは言えないからです。プログラミングとは、自分のしたい動きをプログラムで動かして初めて習得したといえるからです。

目的を明確にすること

もちろん、C言語を覚えることもプログラミングの習得には欠かせませんが、そもそも何のプログラムを行うかによって、覚えるC言語も傾向が変わってきます。ですから、闇雲にC言語を覚えても、自分のしたいことに直結するとは限りません。まずは、何をしたいのかを考え目的を持ってC言語の勉強を始めることをお勧めします。次に重要なことは、演習です。C言語を実際に使うことが出来なければ、いくら覚えても習得したことにはなりません。C言語を使って、文字を出力して出来てはじめて、その言語を習得したことになるのです。初心者であれば特に、紙ベースでC言語を覚えることに重きを置きがちですが、実際にパソコンでC言語を使って文字を出力することの方が遥かに重要です。むしろ、演習を通して覚えていくことの方がプログラミングの勉強としては有効といえます。

プログラムの勉強方法

システム

未経験者がプログラミングを学ぶならば、まずは例文を真似ることから始めるとスムーズに覚えることができます。同時にアルゴリズムの組み方も覚えることで、次第に物真似で覚えた命令文を使えるようになってきます。

詳細を確認する