プログラムの勉強方法|必要な専門知識を身につける|初心者から始めるプログラミング
ステーショナリー

必要な専門知識を身につける|初心者から始めるプログラミング

プログラムの勉強方法

システム

個人でプログラミングを勉強するためには、その手順を知っておくことが必要です。まず目的に応じてプログラミング言語を選ぶことになります。ウェブプログラムを組むのかアプリを製作するのかによって、覚えるべき言語は異なります。続いてプログラムの構文を覚えます。文法のようなものですが、基本はそれほど多くはないものです。次にアルゴリズムを勉強する必要があります。これはプログラムの流れとなるものですが、数値を比較したり条件によって分岐するなどの仕組みを覚えるわけです。あとは例文などを参考にプログラムの流れと命令の使い方を理解しながら、自分で作成していきます。スクールで学ぶこともできますし、独学でも十分学ぶことは可能です。

未経験者がプログラミングを学ぶ際の工夫としては、例文を手直ししながら覚えるという方法があります。これは比較する数値を変えたり条件を変えるなどにより、得られる結果を変えるという手法になります。何度か繰り返すうちに構文を覚えられるようになります。また、自分でオリジナルのプログラムを組むことも常に行うことが必要です。その際には、使える構文を集めて組み合わせるような形でプログラミングを進めることになります。もとめる動作をさせるためには、どんな命令文が必要なのかを調べていくことで、次第に使える命令が増えていきます。最初のうちは物真似に近い形になりますが、そのうちにオリジナルのプログラムが組めるようになります。